工務店による注文住宅建築のメリット

大手ハウスメーカーと比べてリーズナブルな価格

注文住宅を建てる際の選択肢として、大手のハウスメーカーと地域の工務店のどちらに依頼するかという点があります。そのうち、工務店に依頼するメリットとして第一に挙げることができるのが、建築価格が大手ハウスメーカーと比べてリーズナブルであるということです。大手メーカーは多くの人員を抱えるうえに、全国展開をしていて広告宣伝活動も積極的に行っているため、それに必要な人件費や広告宣伝費がコストに乗ってきてどうしても価格が高くなる傾向にあります。工務店の場合は、基本的にはそのようなコストがかからない分、大手と比べるとより安価な金額で注文住宅を建てることが可能になっているのです。そのため、予算に限りがある方にとって、工務店は有力な選択肢であるといえるでしょう。

施主の好みに合わせた家造りが可能

工務店で注文住宅を建てるメリットの二つ目は、施主が希望する通りの自由な家造りが可能であるという点です。大手ハウスメーカーでもフルオーダーでの家造りを行っているところはありますが、大手であるだけに使用する建材や住宅設備について一定の基準を満たさないものは採用できないといった厳格なルールが設けられているため、必ずしも完全に希望通りの家造りができるわけではありません。工務店であれば、基本的にそのような制約はありませんので、施主の望みに合わせた注文住宅を建てられるのです。また、工務店の中には独自のこだわりを持った家造りをしているところも少なくありませんので、場合によっては大手で建てるのよりもしっかりとした家ができる場合もあります。

建築実例を見れば、間取りやテイストなどこれから建てようとしている家のイメージがすぐに沸いてくるでしょう。