大手ハウスメーカーによる注文住宅の費用

フルオーダーの住宅はトータルで五千万円以上掛かることもある

大手ハウスメーカーにお願いして材質や施工方法、レイアウトなどにこだわってフルオーダーの注文住宅を建てる場合には、総額で五千万円以上の費用が掛かるケースが珍しくありません。また、防音やバリアフリーなどの工事を同時に行う際は、出費が大きくなる傾向が見られるため、少なくとも二つ以上のハウスメーカーに見積もりをお願いして、納得のいくまで契約先の候補を探すことがおすすめです。最近では、フルオーダーの注文住宅の購入希望者を対象に、ネット上で購入費用のシミュレーションができるサービスを導入したり、店舗内に専用の相談窓口を設置したりするハウスメーカーの数も増加しています。そのため、予算内で満足度が高い注文住宅を手に入れるうえで、家族と相談しながら気になる大手ハウスメーカーの特徴を比較することが大切です。

セミオーダーの住宅は分譲住宅とあまり費用が変わらないことも

セミオーダーの注文住宅は、フルオーダーと比べて外観や内装のデザインが制限されるものの、分譲住宅と購入費用が変わらないこともあり、住宅購入の際の負担を少なくしたい人に向いています。大手ハウスメーカーの中には、三千万円から五千万円ほどで購入できるセミオーダーの注文住宅の特徴について、自社のサイトや住宅カタログなどに掲載しているところもあります。また、リーズナブルな価格帯の注文住宅を希望する顧客をターゲットとして、各地でモデルルームの見学会を実施しているハウスメーカーも少なくありません。そのため、新築一戸建てに興味はあるものの、それほど住宅の見た目や住環境にこだわりがないという人は、早い時期にセミオーダーの注文住宅の販売実績が良いハウスメーカーも選択肢に入れると良いでしょう。