工務店による注文住宅建築のデメリット

品質などにムラがある

依頼する工務店によって違いますが、品質や保証にムラがあります。作り手が違えば品質も違ってくるのは当然ですが、施工不備などがあると台無しです。そのため過去の実績などをしっかりと確認して、安心して任せられるところを探すことが重要です。またアフターサービスなども、ハウスメーカーに比べると安定していません。住宅を建てた後にどこまでの範囲を保証してくれて、それがどのくらいの期間なのかそれもしっかりと確認する必要があります。注文住宅はとても高価な買い物なので、長期保証が受けられないと大きな損失になることもあります。工務店に依頼するということは、こういった品質のムラや保証の長さなどのデメリットがあるので注意しましょう。

住宅展示場などがない

ハウスメーカーであれば住宅展示場やモデルハウスなどがあり、建てたときのイメージなどがしやすくなっています。しかし工務店の場合位はハウスメーカーとは違い、住宅展示場などがありません。オーダーメイドで作るものなので、出来上がるまではどうなるか分からないものがあります。イメージをできないと依頼するのも不安になってしまうもので、その工務店で施工した家を見るなどして情報収集することが大事です。家を建てることは一生に一度の大きな買い物なので、十分に注意して行うことが重要です。またハウスメーカーに比べて施工期間が長かったり、経営状態によっては工務店が倒産するリスクもあります。このようなデメリットもあるので、それを理解したうえで工務店を選ぶことが大切です。